GMARCHってなんの略?いつから呼ばれている?

GMARCHを構成する大学の特徴を徹底解説

サイトイメージ

立教大学の特徴

立教大学入試の特徴は、知名度が高く競争も激しいため、問題の難易度はそれほど高くなくても合格最低点が高いことです。英語は、長文2題、文法、会話問題、2題、記述問題1題で構成されています。国語は、現代文2題、古文1題で、ともに記述問題があります。

その他1科目を、文系は日本史か世界史選択します。観光学部のみ地理受験可能です。 理系は物理・化学・生物から1科目を選択します。また、センター試験の結果だけで合否が決まる試験方式もあり、全学部全学科で行われています。科目数は3教科型と4教科型を選ぶことができます。

立教大学の特徴や入試、卒業した芸能人・スポーツ選手について

立教大学の入試の難易度

立教大学の特徴

大学にはマーチというカテゴリが存在しており、そういった中で最も偏差値が高いのが立教大学です。

一般的に入試が難しいと言われる大学の中でも、学部によって比較的難易度が低い部が存在するものですが、立教大学は全ての学部がまんべんなく難易度が高いです。

その中で相対的に考えた際、入試のレベルが低くなるのは経済学部です。

また、経済学部は国語を不得意としている方に対して特に好ましいと考えられています。

しかも、全学部入試と呼ばれる制度が存在しており、一回入試を受験するだけで出願した全ての学科などにおいて合否が得られるというものです。

従来のように個別の出願や受験料を支払う必要性が無いことから、手間が軽減できて出費も軽くなります。

立教大学の特徴や卒業した主な芸能人や政治家は?

立教大学の特徴はメインとなる池袋キャンパスと新座キャンパスの2つに分かれていますが、学生生活の多くは池袋キャンパスで過ごし、池袋キャンパスは図書館など改修工事も進んでおり利便性と快適性に優れた大学といっていいでしょう。

また校風も自由で、校舎はミッション系大学らしい、レンガ造りのおしゃれな建物でドラマなどの撮影にもしばしば用いられています。

卒業生の芸能人では古舘伊知郎さんやみのもんたさん、関口一郎さんなど司会業やアナウンサーに有名人が多い印象です。

芸能人といえるかわわかりませんが長嶋茂雄さんは立教出身ですし、息子さんの長嶋一茂さんも立教大学出身で、現在ではコメンテーターなど芸能人として活躍されています。

日本アカデミー賞で過去最多部門受賞の記録をもつ周防正行監督も立教大学出身です。政治家にも元法務大臣の小川敏夫氏などがいらっしゃいます。

立教大学出身の主なスポーツ選手や有名なスポーツ、部活

立教大学出身のスポーツ選手を語るうえで長嶋茂雄さんを外せません。

立教は東京六大学野球では東大についで優勝回数が少ないのですが、その野球部のなかで長嶋茂雄さんは輝いています。

長嶋茂雄さんは神宮で8本塁打の記録を打ち立てて1958年に読売巨人軍に入団しました。その後のプロ野球での活躍は目覚ましく、今でも読売巨人軍の終身名誉監督です。

同じように長嶋茂雄さんの息子、長嶋一茂さんもプロ野球で少し活躍しました。同じ立教大学を出てみんなが長嶋茂雄さんのような活躍を期待しましたが、その望みはかないませんでした。

スポーツの世界は実力がすべてです。それでも、長嶋親子は立教大学出身らしく洗練された都会の雰囲気が漂います。

TOP