GMARCHってなんの略?いつから呼ばれている?

GMARCHを構成する大学の特徴を徹底解説

サイトイメージ

学習院大学の特徴

学習院大学は東京都豊島区目白にある私立大学で「ひろい視野、たくましい創造力、ゆたかな感受性」を教育理念にワンキャンパスの少人数制教育を特徴とした大学です。

学習院大学の始まりが公家の子弟の学問所として設立された大学なため、卒業生には皇族関係者や華族出身者が多くみられます。学習院大学の入試の難易度についてはどの学部も偏差値が60から68ほど必要ですが、文学部は国語の入試で漢文が出るという特徴があり漢文が得意な学生は有利です。

学習院大学の特徴や入試、卒業した芸能人・スポーツ選手について

学習院大学の入試の難易度

学習院大学の特徴

皇族が通う大学として全国的に有名な学習院大学ですが、難易度は首都圏で人気といわれる人気私大MARCHとだいたい同等といわれています。

文系の偏差値はどの学科もだいたい58から61の間となっていて、学科ごとの差はほとんどないといっていいようです。

学習院大学の入試問題の傾向では、難問や奇問はほとんどなく、基本的にオーソドックスな問題が出題されることが多いようです。

ただし、世界史では200字程度の論述、日本史では7行程度の論述が頻出となっており、事前に対策をしておく必要があるでしょう。

大半の問題は一般的な私立の大学と変わらない入試問題なのですが、確実に合格点に達するためには論述は捨てることはできません。

学習院大学の特徴や卒業した主な芸能人や政治家は?

学習院大学は東京都豊島区の目白に本部を置き、その設置がなされたのは1949年のことです。

学習院大学の大きな特徴としては、元々は公家のための教育機関であった学習所として設立されたという歴史を持つことから、現在でも皇族の方々が進学されることの多い大学だという点を挙げることが出来ます。

そのためなのか、学内の雰囲気は一般的な大学よりも上品だという傾向があるという点も特徴だと言えるでしょう。

この学習院大学を卒業した芸能人にはフリーアナウンサーの山本モナ、俳優の小倉久寛や柴田光太郎、六角精児、コメディアンの仲本工事、タレントの麻木久仁子などがいます。

また学習院大学を卒業した政治家には、元総理大臣の吉田茂や元農林大臣の有馬頼寧がいます。

学習院大学出身の主なスポーツ選手や有名なスポーツ、部活

東京都豊島区目白にある学習院大学は、江戸時代後期から続く長い歴史のある有名な大学です。学習院大学出身のスポーツ選手には、フィギュアスケート選手で現在は解説者をつとめる東野章子、プロ水上スキーヤーの廣澤沙綾、プロバスケットボール選手の水町亮介。

また、マラソンの市民ランナー川内優輝、サッカー選手でFCガンジュ岩手の中西哲也、ラグビー選手でサントリーサンゴリアスの江見翔太などがいます。

他の大学で行っているスポーツ推薦入試や、過去のスポーツ実績などで優遇されるという入試は行っていません。

スポーツ系の部活としては、サッカー部、硬式野球部、ラグビー部、アイスホッケー部、陸上競技部、水上スキー部、アイススケート部、籠球部、ヨット部など多岐にわたっています。

関連参照サイトの紹介

日本初!授業をしない。逆転合格四谷にある進学予備校・武田塾はこちら

偏差値一覧はこちらから♪全国の大学や偏差値が一覧になっている偏差値マップはこちら

目指せ国家資格!!最近の【国家資格の人気順ランキングはこちら】でチェック

今のところでは上記のサイトが関連や参考になるサイトです。是非チェックしてみてください。

TOP